英語でお礼メールを書くときはどうすればよいの?

英語でお礼のメールを書く時のポイント

外資系の会社で仕事をするうえで、社内や取引先との間で英文のメールを使ってコミュニケーションを取る場面が多くあります。特に、英語のお礼メールを書く際には、違和感のない表現を用いて相手にシンプルな感情が伝わりやすいよう心がけることが大事です。また、ビジネスで使われる機会の多い単語やフレーズなどを日頃から勉強しておくことにより、いざという時にもスマートにメールのやり取りをすることが可能です。お礼メールの書き方に工夫をしたい時には、外資系の会社内で行われる研修の機会を利用することがおすすめです。その他、必要に応じて仕事の後に語学に関するスクールに通うことで、ビジネスシーンに役立つ知識を身につけることも大事です。

外資系の会社で活躍するために必要な英語力

英語力の高い社員を積極的に採用している外資系の会社は全国に多くありますが、希望の職種で働きたい場合には、業務上で必要となる英語力についてじっくりと把握をすることが大事です。また、社員研修の一環として英会話によるコミュニケーションが導入されている外資系の会社においては、将来的に海外転勤を望む人にとっても絶好の環境が整っています。外資系の会社の中でも、仕事上で様々な立場の人と接する機会が多い職種に就くにあたっては、日常会話だけでなく、ビジネス会話の重要なポイントを抑えておく必要があります。なお、外資系の会社に中途採用で入社をしたい時には、事前に語学検定を受験することで面接時のアピールポイントに使うこともできます。