英会話はどれくらいできないといけないの?

外資系の会社で必要になる英会話の能力

外資系の会社で国内外の取引先やクライアントなどとコミュニケーションを取るうえで、ビジネス英語をきちんとマスターすることが重要となります。中でも、仕事の中でメールや電話を利用する頻度の多い営業職や事務職として外資系の会社に転職をしたい場合には、英語に関する資格検定を取得したり、英会話教室に通ったりすることで、早いうちからビジネスに役立つスキルを習得することがおすすめです。外資系の会社の入社試験の際には、外国人の担当者と英語で会話をする必要があるため、正しい単語や文法について理解を深めておくと良いでしょう。大手の会社においては、複数回にわたる面接が行われることもあり、前もって質問されやすい内容をチェックしておくことが大切です。

英語が得意な人にオススメの外資系の会社の選び方

数ある外資系の会社の中でも、海外転勤の機会が多いところは、英語が得意な社会人にとって魅力的な転職先としてみなされることがあります。また、社内でビジネスに欠かせない英会話の研修が行われているところに転職をすることで、英会話の能力を効率よく高めることも可能です。外資系の会社で担当する職種や業務の内容、役職などにより、要求される英会話の能力に大きなバラつきがありますが、キャリアを積むために適性に合った仕事をいち早く見つけることがポイントです。また、各自の社会経験やスキルに合った外資系の会社を速やかに見つけたい場合には、人材紹介会社などにサポートを依頼することで、業界内で実績のある会社に転職ができる可能性が高まります。